FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨガで実践力と管理能力を養う 

22-1針さしのスペシャルプレゼン02_1

<心頭滅却して舌に針を刺す筆者>

率先垂範の大切さは繰り返し
言うまでもないが、
率先垂範も度が過ぎると
逆効果である。

経営者や幹部はいわゆる
ヘッド・スタッフであり、
経営方針や経営戦略を決定し、

前線にあるラインが働きやすいよう
管理、活用し、組織を有効に運営して
いくのが本来の仕事である。

当然のことながら、実務作業は
ラインである構成員に
まかせなければならない。

ところが、率先垂範型のリーダーが
陥りやすいのが、
陣頭指揮をとりたがるあまり、
本来、部下が行なうべき作業、
部下に任せなくてはならない仕事まで
上司がしてしまうことである。

部下の仕事を「俺がやる」とばかり
取り上げてしまう。

取り上げないまでも、
何かと口出しをする。

自分が行動したほうが早いので、
部下に仕事を任せることが
できないタイプである。

こうした幹部やリーダーは、いわば
「働き上手の任せ下手」で、
一人の社員としては優秀だが、
管理者としては失格と
言わねばならない。

自ら率先して「実行してみせる」ことが
人の上に立つ者に必要なら、
自分はゆったりとかまえて部下に
仕事を任せることも必要。

任せることと実行してみせることの
使い分け、言い換えると、
管理と実践の両立が
リーダーには要求されるわけである。

ややこじつけに聞こえる
かもしれないが、
この管理と実践を両立させる能力は
ヨガによってかなり培うことができる。

Fotolia_151961804_Subscription_Monthly_M.jpg


なぜなら、ヨガとは、さまざまな
ポーズでわかるように、
非常に多角的な身体的鍛錬であると
同時に、高度な精神的営為で
あるからだ。

ヨガの語源が「統御」「結合」
「合一」にあるように、

ヨガとは自分の意識や身体のはたらきを
呼吸法や身体的訓練、修行によって
十全にコントロールし、

心身ともに完全に自己の
管理下において、

アートマン(魂=純粋精神)と
ブラフマン(梵=宇宙真理)の
結合・融合を果たすことである。

つまり、身体及び精神の究極的な
自己管理を目的とした
身体行の実践なのである。

心の営みであると同時に
体の鍛錬である。

自ら実践し、管理することを、
ヨガという一つの行為のなかで
両立しなくてはならない。

哲学的暝想、身体の修練、
どちらか一方だけに
片寄ってしまったのでは、
それはもはやヨガとは
呼べないのである。

ヨガの持つ実践と管理の両面性は
率先垂範の実行と部下の
管理・指導の両方が要求される
リーダーの立場に相通じる。

ヨガを学ぶことは人の上に立つ
人間にとって非常に有益である、
と私は確信している。

自己管理法、意識集中による
コンセントレーションの強化、
潜在能力開発、暝想による心頭滅却、
直観力、創造力、先見性の開発、
精神性のアップ、さらに呼吸法や
座法による身体的健康の充実

──リーダーに必要な資質を
養成するのに実にふさわしい
実践行、それがインド哲学から
派生したヨガなのである。


(拙著:『リーダーの精神哲学』 1997年発刊 より)


スポンサーサイト

スローヨガセラピーとヨガ健康体操で尿トラブルを解消! 

025.jpg



癒しのA&Aでは尿トラブルの効果的な方法として「川上メソッド」のスローヨガセラピーやヨガ健康体操で骨盤底筋を鍛え直すヨガプログラムを用意して対応しています。


■佐藤正子さん(仮名・38才・会社員)は入社以来1日中パソコンでの仕事に従事していました。ところが冬場に風邪を引き咳をするたびに尿もれを起こし、悩んでいました。病院へ行ったら下半身の筋肉や骨盤底筋が衰えていると指摘されたのです。早速、テレビや新聞で知っていたスローヨガスタジオに通うようになり“くしゃみ”をしても3ヶ月で尿もれがなくなり安心していると話してくれました。
■田中幸子さん(仮名・52才・会社員)は会社に勤めて30年、経理一筋で頑張っていました。ところが最近、1日に10~15回多いときには20回近くトイレに立つようになり、仕事に差し支えるようになり悩んでいました。そんな折、テレビで頻尿や尿もれの番組があり、原因が骨盤底筋の衰えだとわかり、すぐにスローヨガスタジオに入会し指導を受けたところ頻尿が消えたのです。今は1日8回前後とトイレに立つ回数も減ったと喜んでいました。
■前田久美子さん(仮名・60才・会社役員)はジョギング中に下腹部の違和感を覚え、気になったので、病院で診断を受けました。結果は子宮が下がって、このまま走っていると子宮脱になり、手術が必要になると注意されたのです。
彼女はせっかく体を動かす気になっていたのにと残念がっていました。それならと医師のすすめもあり、知人の紹介でヨガサムラット(ヨガの王)の称号を持つ川上先生にスローヨガを週2回習うことにしました。先生の指導で骨盤底筋や括約筋を鍛えるカリキュラムの指導を受けた結果、5ヶ月で子宮が元の位置に落ち着いたと報告してくれました。

癒しの光っちゃん 川上光正 記



女性に多い尿もれ・尿トラブルの予防と対策 

20100605 029




近年、特に女性の尿もれ、失禁・頻尿、残尿感、排尿困難など尿のトラブルが多くなっているようです。最近、テレビCMでも尿もれ用のパットやシートが盛んに宣伝されています。このような傾向は多くの女性が尿もれに悩んでいる証拠だとも言えます。ですが尿もれシートで一時しのぎをしていると尿トラブルが慢性化し、症状も悪化することも考えられます。
特に重症の方ですでに膀胱脱、子宮脱、直腸脱など骨盤臓器脱の症状に苦しんでいる女性もいると報告されています。
一日中、机に向かって仕事をしているパソコンオペレータや長年にわたり事務職についている女性の方、中高年過ぎの運動不足の主婦などは尿トラブルに見舞われる可能性は否定できないです。症状が悪化して病院で手術を行えば一時的に回復しますが、根本的な解決策ではないようです。尿トラブルの予防対策としては骨盤底筋や肛門周辺の括約筋などの筋肉を鍛えなおすことが大切です。

つづく

癒しの光っちゃん 川上光正 記



川上流スローヨガは癒しのヨガです 

ゆり先生



身体を痛めているとき、安静が必要なことは医療の常識です。そこには筋肉や靭帯の炎症や骨折が存在することもあるからです。また、内臓が疲労し機能が低下するなどの症状を起こす場合もあります。そのような状態のときに無理に激しい運動やスポーツを行うと臓器不全を起し身体に多大な負担を強いることになります。
ハタヨガであっても同様のことが起ります。不調のときに無理をして筋肉や内臓に負担をかけると機能低下を起す場合もあります。米国では、筋力トレーニングに近いアスレチック的なパワーヨガによって多くの人たちが体を痛めて通院していたことが報告されていました。
 心身の不調を癒すために私が45年間にわたり研究を続けて開発したA&Aのスローヨガは癒しのヒーリングヨガです。このヨガは呼吸気法(プラーナーヤーマ)をゆっくりと行うアーサナを中心に実修します。自然治癒力を高めるため酸素やプラーナの供給に重点を置いたカリキュラムで指導します。
 個人の身体状況をチェックし、個別指導を主体にカリキュラムを組んでいますので、身体が硬い方、体力がない方、初心者の方やこころに不調を持つ方でも安心です。心身の不調を癒し内臓を強化したり、心肺機能を高めるには“ヒーリングスローヨガ”の実修が不可欠です。力のヨガ、激しいパワーヨガ、熱い環境でのホットヨガ、ローホットヨガは筋肉を強くしますが、内臓の炎症や心の不調を癒すことはできません。傷ついた心と体は、ゆったりとした気分でゆっくり体を動かし、静かに呼吸を整えながら瞑想へと続くA&Aのヒーリングスローヨガによって癒されます。
1998年より米国・サンフランシスコ州立大学のエリック・ペパー博士及びカナダ国立ヨーク大学のスー・ウィルソン教授等と行ってきた共同研究によって、A&Aの“ヒーリングスローヨガ”は科学的に実証されました。その論文は、AAPB国際学会で世界に発信され高い評価を得ています。

癒しの光っちゃん 川上光正 記



女性に多い尿もれ・尿トラブルの予防と対策 

ゆり先生


近年、特に女性の尿もれ、失禁・頻尿、残尿感、排尿困難など尿のトラブルが多くなっているようです。最近、テレビCMでも尿もれ用のパットやシートが盛んに宣伝されています。このような傾向は多くの女性が尿もれに悩んでいる証拠だとも言えます。ですが尿もれシートで一時しのぎをしていると尿トラブルが慢性化し、症状も悪化することも考えられます。
特に重症の方ですでに膀胱脱、子宮脱、直腸脱など骨盤臓器脱の症状に苦しんでいる女性もいると報告されています。
一日中、机に向かって仕事をしているパソコンオペレータや長年にわたり事務職についている女性の方、中高年過ぎの運動不足の主婦などは尿トラブルに見舞われる可能性は否定できないです。症状が悪化して病院で手術を行い一時的に回復しますが、根本的な解決策ではないようです。尿トラブルの予防対策としては骨盤底筋や肛門周辺の括約筋などの筋肉を鍛えなおすことが大切です。
 当スタジオでは効果的な方法として「川上メソッド」のスローヨガセラピーやヨガ健康体操で骨盤底筋を鍛え直すヨガプログラムを用意して対応しています。

癒しの光っちゃん 川上光正 記



心と体の慢性不調・ストレスを改善するヨガセラピー 

IMG_9813.jpg

ヨガの究極は、外界に向かっていた意識を内面・内界に向けて意識の集中を図り、深化と純化へ向かうことが重要なのです。何年もハタヨガだけに終始していると、ヨガ本来の目的から離れ、身体的な柔軟性、体力だけを求め、それを強調するだけのヨガ人生で終わってしまいます。
川上流スローヨガは、心と体と魂を癒すためのヨガセラピーであります。また、潜在心理や胎内心理・前世心理・宇宙心理の精神哲理を探究し、宇宙真理・梵我一如に向うためのヨガでもあります。心と体と魂を結びつけるクンダリニーヨガによる有想三昧から無想三昧の境地へと到達するための修法です。
ゆっくり流れるような動作と呼吸気法を実修するスローヨガは、不調を訴える部位の筋肉や靭帯、そして神経、さらには内臓の不随筋に優しく働きかけて治癒力を高めます。
ゆるやかな緊張と弛緩によって身体のすみずみまで血液が流れ、全身の老廃物を取り去ります。
吸気によって酸素をはじめ、陽のプラーナを取り入れ肺へと流し、全身の筋肉や各器官へ送られ、組織の癒しが始まるのです。呼気によって全身を廻ってきた血液から不純な炭酸ガスなど陰のプラーナは体外へ放出され、体の浄化が行われるのです。
このように、川上流スローヨガはゆっくりした動作と深く静かに行われる呼吸気法によって、傷ついた筋肉や各組織、さらに自律神経や細胞が自然に癒されるのです。体の慢性不調や心の悩み、苦しみ、ストレスを感じているあなたに、癒しのスローヨガはゆるやかですが確かな回復を与えることは間違いないでしょう。

癒しの光っちゃん 川上光正 記



癒しのヨガはスローヨガ 

CCI00025.jpg



海外ではパワーヨガやホットヨガなどハードなハタヨガの人気にかげりがみえていると報道されています。筋力や体力をつけ、柔軟性を増すにはこれらのヨガは効果的でしょう。最近はフライングヨガなどヨガではない新しい名称のヨガが生まれています。筋力や体力をつけ、柔軟性を増すにはこれらのヨガは効果的です。
 しかし考えてみると、筋力・体力・柔軟性をつけるだけなら、ヨガでなくてもウエイトトレーニングや他のスポーツでも良い結果が得られるのです。柔軟性にしても新体操の選手や中国の雑技団員の方が柔らかく、そこらのヨガインストラクターも手も足も出ないです。確かにハタヨガは体を柔らかくし健康な身体をつくりますが、体の柔軟性や筋力・体力のみを求めるだけがヨガの本質ではないのです。
 ハタヨガによって基礎的な体力・身体が完成すると、次の段階へ向かいます。意識の集中から瞑想へと進んでいきます。それが心のヨガ・ラージャヨガと言われ、外界に向かっていた意識を内界・こころ・精神の核である魂に向ける修法です。その修法は呼吸気法・プラーナーヤーマと瞑想による意識集中から始まります。意識の集中が深化し、純化すると、やがて三昧の境地へと没入します。さらに凝念(ダーラナー)、瞑想(ディヤーナ)、三昧(サマーディ)が一体となる特別集中修法(サムヤマ・綜制)によって、クンダリニーヨガへと移行します。

つづく

癒しの光っちゃん 川上光正 記




川上流ヨガ・対象瞑想の修法 

川上先生(瞑想)



 川上流ヨガ・対象瞑想の修法は、
人間の五感を通して入ってくる対象からの情報に対して、意識を向け集中します。

やがてその意識は対象と同化して自己の内面へ向かい、
無我の境地へと深化し、やがて三昧へと意識の純化が進み自己の本質に到達します。

例えば、“りんご”を見つめながら“りんご”の持つ形態や色に、そして美しい自然の草や花を見ながらその対象となる風景に意識を集中し瞑想する。自然のささやき、音、美しい曲、歌声に耳を傾けながら瞑想する。
沐浴や風浴などを楽しみながらの瞑想、温泉の湯舟につかっての瞑想。花の香りや香料を嗅ぎながら行う瞑想。さらに自己の嗜好に合った味覚に意識を集中させて行う瞑想の修法もあります。

視覚瞑想法
眼球から入ってくる美しい風景や草花、草木、果実、そしてマンダラ、ヤントラなどに意識を集中し、対象となる事物と同化する瞑想。

聴覚瞑想法
自己の感性や好みに合った音楽や楽器の音色、波、そして滝の音、小川のせせらぎ、人の歌声、マントラの心地よい響きに意識を集中し、対象となる音色と同化する瞑想。

嗅覚瞑想法
草花や草木、線香などの対象物から発する良い香りを嗅ぎながら、その香りに意識を集中し、対象となる香りと同化する瞑想。

触覚瞑想法
入浴や沐浴、風浴を楽しみながら、対象となる湯、水、風の触覚感覚に意識を集中し、同化する瞑想。

味覚瞑想法
自己の嗜好に合った酸味や甘味などの食品を口腔内に入れ、その味覚に意識を集中し、同化する瞑想。

呼吸瞑想法
腹式呼吸をゆっくり行い、吸気、止気、呼気を深く調整することに意識を集中し、同化する瞑想。


癒しの光っちゃん 川上光正 記



川上流スローヨガは「ヒーリングヨガ」 

CCI00008.jpg


米国では筋力トレーニングに近いアスレチック的な力のヨガによって多くの人達が体を痛めて通院していることがニューヨークタイムズ紙でも報道されていたことがありました。力のヨガ、激しいヨガ、暑い環境でのヨガは筋肉を強くしますが、内臓や心の不調を癒すヨガではありません。
 私は42年間にわたり研究を続け、心身の不調を癒し、健全な体と心と魂を創造するための川上流スローヨガ・ヒーリングヨガを開発しました。
 ヒーリングヨガはアーサナと呼吸気法(プラーナーヤーマ)をゆっくり行うスローヨガを中心に実修します。免疫力・自然治癒力を高めるため酸素・プラーナの供給と食事に重点を置いたカリキュラムで指導していますので、安心して実修できます。
 個人の身体や生活状態をチェックし、個別指導を主体に指導しますので、身体が硬い方、体力がない方、初心者の方でも安心です。不調を癒し内臓を強化したり、心肺機能を高めるには、ゆっくりとした気分でゆるやかに体を動かし、静かに呼吸を整えながら行う川上流“ヒーリングヨガ”の実修が最適です。
 1998年より行った米国・サンフランシスコ州立大学のエリック・ペパー博士及びカナダ国立ヨーク大学のスー・ウィルソン教授等との共同研究により、川上流“ヒーリングヨガ”は科学的に実証されています。その論文は、ペパー博士との共同研究として世界に発表され評価を得ています。

癒しの光っちゃん 川上光正 記



肥満に悩む方、健康を求める方へ 

★003


近年、老若男女ともに肥満で悩んでいる人が増加の傾向にあります。
中年期からの肥満は俗にいうメタボリック症候群といわれ、腹部が突き出て、外見的にも健康的にもよくありません。
巷にはスポーツジムやアスレチッククラブなど大小の運動施設やヨガスタジオが増設され、健康志向を求める人々や肥満体の受け入れ体制に万全を期しているかの様です。体を鍛えること、スポーツを楽しむことは、健康にはもちろん精神的にも大変有意義なことで、老化や筋力低下・肥満の予防に不可欠です。

しかし、無理をして続けていると筋肉や靭帯を痛める場合もありますので、万一、異常を感じたら外科医やスポーツドクターの診断と処方を受けると安心です。

スローヨガスタジオでは、痩身向けのヨガコースやマラソン・ヨガがあります。個別対応でインストラクターが指導しますので安心です。
他のハタヨガであっても無理をして実修すると同様のことが起こりますので、気をつけましょう。

つづく

癒しの光っちゃん 川上光正 記
文字色


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。