スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高熱の原因はなんと! 

病人

ゴールデンウィークの5月4日(火)夕方、東京で和菓子職人として活躍している門弟のWさんからメールが入りました。

急に高熱(39.2度)が出て、この調子では明日は仕事を休まないといけません。どうしても休めないので川上先生よろしくお願いしますとの内容でした。
早速、Wさんに電話をして状態を聞いてみると、病院で医者に診てもらったが風邪でもなく、ノドにも異状はなかったとのことでした。
この話を聞いていると、幼い頃の潜在意識ではないかと直観しました。たぶん2~3才の頃、熱が出たのではないかと尋ねましたが、彼は記憶がありませんとのことでした。一度、両親に尋ねてみたらとアドバイスし電話を切ったのでした。

その夜8時と11時、2回にわたり、電話でリモートヒーリングホーミーによる癒しを行いました。翌朝、メールが入り熱が少し下がったので仕事に出かけたとのことでした。帰宅後のメールでは、仕事中は多少熱が続いていましたが、夕方には平熱にもどったので安心しました。帰宅して実家に電話すると、父親が出て「3才の時に高熱を出したことがある。」と教えてくれました。

やはり、潜在意識に記憶された幼少期・3才時の高熱による身体的なトラウマの再発による症状だったのです。

癒しの光ちゃん川上光正 記

スポンサーサイト

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。