FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性に多い尿もれの予防と対策 

近年、特に女性の尿もれ失禁頻尿、残尿感、排尿困難など尿トラブルが多くなっているようです。
重症の方は、膀胱脱、子宮脱、直腸脱など骨盤臓器脱の症状に悩んでいる女性も多いと報告されています。ご用心下さい。
原因の多くは一日中、机に向かって仕事をしているパソコンオペレータや長年、事務職に従事している女性にも多く見られるようです。出産経験をもつ中高年の主婦が尿トラブルに見舞われる可能性は高くなっているようです。

予防法としては運動不足で弱ってしまった骨盤底筋や肛門周辺の括約筋などを鍛錬、強化することが大切です。
A&Aではスローヨガセラピーやヨガ健康体操で骨盤底筋を鍛えるカリキュラムを組んで個人指導しています。
クシャミをして尿がもれた、おしっこが近い方はご相談ください。
自宅で簡単にできる骨盤底筋を鍛える川上式ヨガ体操を2種目用意しましたのでお試し下さい。

20100605+028_convert_20100625105213.jpg

①ヒップリフト
腰部を上下に動かします。
8回を1setで2~3setから始めて下さい。

20100605+029_convert_20100625105717.jpg

②ペチカルシザーズ
両脚を伸ばし交互にハサミのように交差して下さい。
8回を2~3setから始めます。

癒しの光ちゃん川上光正 記

スポンサーサイト

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。