スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息苦しさの原因は母胎内にあった! 

マタニティ

看護師のA子さん(36才)は、日頃から息苦しくよくため息をついて不安に思っていました。
病院に行っても原因が解らず安定剤を処方され飲んでいましたが、一向に改善しませんでした。そんな折、情報誌で潜在心理療法のことを知り、筆者の潜在心理療法・指導を受け始めました。

5月12日の第4セッション中に「頭が痛い。胸が苦しい。のどがキューッとなる」と自動書記で伝えていました。
筆者が、首に巻き付いているヘソの緒を取り外すためのヒーリングをすると、彼女は「もやもやがとれた」と。「へその緒が巻きついていたんだ!ずっときつかったのは… もう楽になった」
さらに「あたまも痛くない」「もう少しいさせてね もう少し」と書き綴りました。
実は5月18日が彼女の誕生日でした。それまで、もう少し母親の母胎内で過ごしたかったのでしょう。
その後に、「あかりが見えたら出るね」とも。そして「ねるねー」とかいたので優しく声をかけて静かに寝かせました。

「あかりが見えたら出るね」とのことばについて、セッション後に下記のようなコメントを寄せられました。
「下から天井を見ているような感じで日光がほわーっと差していました。」
「暗い中にいて上がぼわーっと明るいんですが、もう少しパーッと明るくなったら出ていくように行動を起そうかなと感じました。
なんか出産前の赤ちゃんの気持ちみたいで振り返ると凄いですね。」
と、A子さんは頭がスッキリして呼吸も楽になり気分爽快に話してくれました。

癒しの光ちゃん川上光正 記


川上光正オフィシャルサイト
http://kawakami-yoga.com/

スポンサーサイト

魂の癒し・ソウルヒーリングによるシャクティ―からのメッセージ 

MC900438720[1]


門弟員のMさんはこれまで何回か魂性意識および純粋意識が表出していました。
5月15日、筆者の指導からもっと深い所の純粋意識であるクンダリニーシャクティ―から次のようなメッセージが届きました。

「自分を認められるようになって良かったのですが、これまで抑圧してきた我欲(または公欲でもある)がこれから表出してきます。美しい意識の創造に向かって努力して下さい。内から力がみなぎってくる一方で表層の意識や体力は思い疲れを感じています。これらは自分を抑圧してきたことに由来します。心のままに行動を純化してゆくこと、恐れず本音で生きてゆくことで壁や障害をクリアしてゆく力となります。自己否定からより自信と勇気と愛を打ち出してゆきましょう。疲れはいつの間にかなくなります。」

ヒーリングセッション後、彼女は「30年以上、魂の周りにこびりついていた孤独の意識がとれました。良かった。良かった。嬉しい。」と伝えていました。

癒しの光ちゃん川上光正 記

ヨガの呼吸・瞑想法でストレスを解消しよう! 

5月は新緑・若葉の季節です。
今、もえぎ色や黄色、うすみどりが山麓山間を駆け巡っています。

この時期、潜在意識や前世の因果を持っている人は、うつや不安、悩みにさいなまされて心の病に陥る人もいます。
今年はとくに東日本大震災の影響もあり、その惨状がストレスとなり、過去のトラウマや仕事のストレスと結びついて不安意識に苦しんでいる人も多いようです。

そんな時、休日にもんもんと過ごすより自宅で呼吸を整調しながら瞑想を実修することをおすすめします。
修法は簡単です。まず、仰向けになり、両手両脚の力を抜いて下さい。軽く目を閉じゆっくり鼻から息を吸い口から吐きます。これを3回ほど繰り返します。その後、鼻から息を吸い鼻から吐きます。息を吸うとき腹部を膨らませ、息を吐くとき腹部を縮めます。
約10~15分間、初めての人は片方の手を腹部に当てると腹部の動きがわかりやすいです。瞑想に入りながら呼吸に意識を向けて下さい。

P1030024.jpg

この瞑想法は、呼吸瞑想法と言って脳の活動が活性化します。一方、大脳辺縁系が沈静化し心・魂が平穏になってきます。
この呼吸瞑想法を習慣化し一日一回実修することでストレスなど心身の不調から解放されることでしょう。

癒しの光ちゃん川上光正 記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。