FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛する娘と死別した亡き母の思い! 

MP900410100[1]

2月5日(日)、
愛子さん(仮名・50歳)の初めてのダイレクト・ソウルヒーリングでした。
しかし前日、彼女からこんなメールが届きました。
「川上光正先生にお会いした夜(3日前)から、頭痛など体調がすぐれません。
ヨガをする状態ではなく、ダイレクトヒーリングは受けたいのですが、
そこまで行くのが辛いです。」

ヒーリングを受ける前のクライアントが、元々抱えていた意識が表面に溢れ出し、
一時的に体調を崩すことが時にあります。
「愛子さん、すでに意識が上がってきているのだと思いますよ。
ヒーリングを受けた方が良いから、頑張っていらっしゃってください。
終わったら、きっとスッキリしますよ。」

納得した愛子さんは、きつい体をひきずるように新幹線に乗り込みました。
すると、椅子に座った途端スーッと体が楽になって、こちら着いた頃にはすっかり元気になってたそうです。

そして…、愛子さんの初めてのダイレクト・ソウルヒーリングがスタートしました。


■第1セッションの様子
ソウルヒーラーからの語りかけ
「心の中にある気持ちを素直に書いて下さい。」と言葉をかける。
愛子さん(自動書記)
『とてもさびしくて、かなしい。 どうしていいか わからない。』

私は、愛子さんの頭部や首、胸周りに多く陰潜していた
「第三者の混濁意識」をヒーリングした後、ホーミー気法ヒーリングを行う。
(ホーミーを聞いて、愛子さんはとても癒された気持ちになる。)

私の語りかけ
「今、どう感じますか?」
愛子さん(自動書記)
『かなしさがなくなりました。 からだがかるいです。』

その後、ふいに私は、“愛子さんの亡くなったお母さんの意識”を感じとりました。
自然と“お母さんから愛子さんへのメッセージ”を言葉で話し出しました。

『愛子を産んで3ヶ月で亡くなって、すごく心残りです。愛子ちゃん、
悲しかったね・・。さみしかったね・・。 辛かったね・・。』
『愛子が20歳の時まで傍にいました。
成人の時、彼女が決心したので、ゆっくり天に昇っていきました。』


私の声は次第に涙声となり、
『川上光正先生、泣かせてしまって、ごめんなさい。』…
お母さんの謝りの気持ちまで、自分で言葉に出していました。

愛子さんも・・「え?母が下りてきているの?これ?」と初めは驚いたものの、
私が伝えるお母さんからのメッセージを耳にするうちに自然と涙があふれていました。


■セッション終了後・・・
愛子さん
「川上光正先生の声が、急に優しいお母さんの声になったからビックリした!」
「でも、お母さんからのメッセージを聞いていると、自分も涙が出てきて、
終わったらとても穏やかな気持ちになれました。」

そして、自分の出生にまつわる話をはじめました。
「産みの母は、私が生後3カ月の頃、心臓弁膜症で亡くなりました。私は生後9ヶ月から養父母に育てられて、養父母をずっと本当の親だと信じていました。15歳の時、偶然、実父が養父母に宛てた手紙を見つけてしまい、そこには本当の両親の写真も入っていて…。信頼していた両親が、本当の親ではなかったショックで頭が真っ白になり、その1週間の記憶がありません。だけど、養父母を悲しませていけない。家族に溝が出来てはいけないと、事実を知ったことを内緒にしていました。
就職をひかえた20歳の時…、(戸籍が必要になるため)、養父母が私に事実を全て打ち明けてきました。
その時は、真実は告げて欲しくなかった!と反発もしましたが、私がしっかりなくてはいけないと思い直し、大事に育ててくれた養父母の老後の面倒は、私がみよう…と誓いました。
翌年、初めて生家を訪れ、本当の父と再会しました。実母の仏壇に手を合わせた時は大泣きしました。」

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

私が受け取った“愛子さんの(産みの)お母さんからのメッセージ”
「20歳まで傍にいたけれど、成人の時、この子が決心したので天国にのぼった。」
・・・とは、このことでした。
お母さんの魂は、愛子さんのことが心配で、ずっと傍らで見守っていた。
でも愛子さんはそのことには気づいていない。
20歳の時、真実を知って、「自分を強く持とう!」…と誓った愛子さんを見て、
お母さんはやっと安心して天国にのぼった。

しかし、その後の愛子さんの人生は、紆余曲折でした。
最近は「自分がよくわからない。うまくコントロールできない。」と悩んでいました。

もしかすると、チャネリングやヒーリングを受けるように導いたのも
お母さんの魂なのかもしれません。

始まったばかりの愛子さんの癒し・・・。
お母さんの願い通り、彼女が寂しさや不安から解放されて、強くたくましい人間になれるように
私も精一杯お手伝いさせていただきます。
ですから、お母さん、どうぞ安心して、天国で見守っていてくださいね。

癒しの光ちゃん川上光正 記

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。