FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊に憑依された場所は! 

a0008_000263.jpg

看護師の藤井和子さん(仮名/50才)は、不安やうつ、さらに霊的現象に悩んでいました。
今年、2012年6月より私のソウルヒーリングのセッション中に様々な潜在意識の癒しを行いました。
今回は、7月11日のセッションで第三者の霊性意識<憑依霊>が表出しました。
その意識は4年前、藤井さんが主人と別居するために引っ越してきたアパートで憑依された意識でした。
藤井さんは入居する前からアパートの様子が気になっていましたが、仕方なく娘と一緒に引っ越しました。
その後、仕事に多忙を極めていたのですが、体調が悪くなり、
ソウルヒーリングの指導を受けるようになったのでした。
自動書記で次のようなことが伝えられて来ました。

「右足があつい 肩がいたい なぜ私だけなぐるの 幸せになりたかっただけなのに こわい」
「あなたの名前は?お年はいくつ?」と聞くと
「さかい みか 32才」
「どうして死んだの?」
「夫の暴力 首をしめられた ける なぐる」
「何年前のこと?」
「4年」「祇園のアパート そのあとにこの人が住んだ」
「あなたは結婚して何年目に殺されたの?」「2年」
「どうして彼と知り合ったの?」
「合コン 恋愛」「最初はとても優しい人だったが結婚して違った 怖い人」
「あなたは前世での因果があるでしょう」と尋ねると
「小さな動物をたたき殺している ネコとイヌ」
「前世であなたは男性でしたね」
「はい 男」
「いくつの時から動物を殺したのですか?」
「10才」
「これまで何匹殺したの?」
「40匹」

結局、霊性意識<憑依霊>のさかいみかさんはアパートで殺され、
次に引っ越してきた藤井和子さんに4年間に渡り憑依していたのです。
霊性意識になってしまった、さかいみかさんの魂は、
殺された要因としてはやはり前世で動物を多量に殺していた事でしょう。
そのことを伝え、殺した動物たちに謝罪して、
生まれ変わるためにさかいみかさんの魂を癒し天国へと送りました。
今回のセッションで感じたことは引っ越しの際は、入居する前に部屋を浄化し、
リモート・ヒーリングで第三者の霊性意識を解放することが必要な気がします。

自動書記
▲ 藤井さんの自動書記

癒しの光ちゃん川上光正 記

スポンサーサイト

映画「スープ~生まれ変わりの物語~」 7月7日(土)上映! 

スープ

「スープ」が7月7日(土)より、一般上映されます。
外国では前世や生まれ変わりについて、映画やテレビドラマでも人気があります。

ヴァージニア大学やハートフォードシャー大学などでは前世についての研究が盛んです。
今回の映画は「生まれ変わり」がテーマですが、
主人公の父親は愛する娘のことが気になり、その「スープ」を飲めば
来世に生まれ変われますが前世の記憶が失われるという事で迷ってしまいます。
映画のチラシでは理解できないので、早速、映画館に足を運んで観てみましょう。

私も前世・生まれ変わりや、胎内意識・潜在意識の研究をしていますが、映画の中で「スープ」を飲むといった事例はこれまで皆無です。
前世の記憶は、魂に記憶されていますので記憶が消えることは不可能でしょう。
一般の人々の多くは日常生活の中で、前世の意識を感じる事はありませんが、
第六感が優れている人は時々感じるようです。

前世意識は良い意識と良くない意識があります。
恋人や夫婦、家族の良くない意識は人間関係の確執や不和を招くこともありますので、
前世の正しい研究をしている専門家の助言や癒しが必要でしょう。




癒しの光ちゃん川上光正 記

癒し・ヒーリングで赤ちゃんの魂を救う! 

9713190.jpg

7月3日の夜、スローヨガ実修生の島原綾子さん
(仮名/40才/主婦)から電話が入りました。

「予定よりも1ヶ月早く出産したのですが、赤ちゃんに黄疸が出て『今日の夜が山場です。』と医師から告げら心配なので、リモート・ヒーリングをお願いします。」と。

早速、7月3日の夜7時と4日の朝6時45分に遠隔でのヒーリングを行いました。

その結果、島原さんから再び連絡が入り、
「数値が下がったので安心しました。有難うございました。」とお礼の電話でした。
医師の処置も良かったのでしょうが、小さい赤ちゃんの生命と魂が甦ったことで私も安心しました。
お母さんになった島原さんの嬉しそうな明るい笑顔を感じた<遠隔での癒し・ソウルヒーリング>でした。

あじさい

癒しの光ちゃん川上光正 記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。