FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の悲しみはクマの意識でした! 

河野由里さん(仮名/会社員/36才)は久しぶりにソウルヒーリングに訪れました。彼女は職場の責任者として、頑張ってますが、時々悲しみとうつ症状になり引き込んで外出しないことがありました。
今回も、1ヶ月ぶりに癒しをしたいと訪れましたが、高校の修学旅行で長野に行った時に仔グマの意識に侵入されていたのです。

MP900405190[1]

〔 ソウルヒーリング・16セッションでの自動書記の内容 〕

私はクマの子供です。お母さんクマが殺されました。
誰に?
人間に。
いつですか?
そんなに前じゃない。昭和の初めごろ。
ぼくはお母さんに食べ物をとってもらって、幸せに暮していました。
でも、森の食べ物が減ったので、下りて行ったら鉄砲で撃たれて死んでしまった。


MP900403293[1]

自動書記
▲ 由里さんの自動書記。

あの人間どもはぼくのお母さんを縄で縛って吊るし、得意げな顔だ。
それを隠れてみていた。
あいつらを許さない。ぼくはこんなに悲しいのに。あいつらは笑って子供たちにクマの料理を作ってやるって、嬉しそうに話してる。
ぼくは人間を許さない。
お腹がすいて死にそうだ。ぼくは食べるものもなくてこのまま死ぬ。森には食べ物がない。


MP900262846[1]

飢え死にしたの?
そう。でも人間は許さない。
どうしてこの人に入ったの?
この人は、ぼくたちクマの辛さをわかってくれるから、一緒にいる。
長野に来たから。一緒に来た。たくさん。
ぼくと、大人のクマが5頭いるし。でも、ぼくのお母さんも来たそう。
人間ほどひどい生き物はいない。いくら優しくされても信用したらいけないんだ。

先生、優しくしてあげるよ。
信じない。この人は人間よりクマの死を悲しんでくれる。
動物を大事にしているよ。
ウソだ。

≪ここでホーミーによる癒しを行う≫

北海道に行ってごらん。
もうどこにも住めないよ。
人間が汚すから食べ物もなくなるし、お母さんに会いたい。お母さんはどこ?

天国にいると思うよ。
会いたいけど人間をこらしめてやらないと、ぼくらの仲間は今も死んでるし。
生まれ変わりなさいよ。
何に生まれ変わったら・・・
天国へ行って人間に生まれ変わって動物愛護団体を作ってごらん。
いい考えですね。本当は人間たちを僕のお母さんのように撃ち殺してやりたいけど、それは意味のないことだとわかります。人間にもぼくたちの死をいたんでくれる人もいるし。
おじちゃんは菜食だよ。
すごいです。
動物の肉は食べないよ。クマさんは魚を食べるね。
はい。お母さんが取ってくれたときは美味しい。幸せだったのに。
鮭かわからないけど、魚を食べてた。木の実とか。

天国へいって人間に生まれ変わって、動物愛護団体を作って動物を可愛がって下さいね。
はい。頑張るよ、ぼく。


彼女はテレビのニュースで、クマが射殺される映像をみると号泣すると話していました。
セッションのあとに私服に着替えた彼女の服装は全身真っ黒で、それを指摘すると本人もクマのようですねと驚いていました。

癒しの光ちゃん川上光正 記

スポンサーサイト

先祖供養でお店の売り上げが5倍に! 

団体職員の太田弘さん(仮名・40代・男性)は、お盆を前に先祖供養の癒し・
ソウルヒーリングに来所しました。翌日、先祖の癒し・供養をしたことで変化があったと
ビックリされ、A&Aを再度訪れた太田弘さんは、私にお礼の手紙を持ってきました。
その内容を紹介します。

image★
川上光正 先生へ
8月10日、ソウルヒーラーの川上光正先生に父方・母方両家の先祖のお墓のヒーリングをしていただき、有難うございました。お陰で、前回のヒーリングでは病院に行かなければならないほどの痛みで苦しんでいた母の左腕が動けるようになりました。
さらに今回のお墓のヒーリングではその日、母の店が普段の5倍くらいの売り上げをあげました。そのお金で仕入れの代金を支払うことが出来て、私も母も川上光正先生にとても感謝しています。
 普段は店の売り上げがどのくらいあったなど言わない母もこの日ばかりは、「弘、ちょっと、ちょっと」と私を呼び出し、「売上げがすごく良くて、それで仕入れの代金を全部払えたよ。」と私に言いながら、喜びを隠しきれない様子で、えらく晴れ晴れとした顔をしていました。
 そういう中で、私は偉そうですけど母に「腕の痛みをなくしたり、お店の売上げが上がったりするためにヒーリングをしたんじゃなくて、お墓の中の先祖の魂を川上光正先生が癒してくださった結果がこうなっているんだよ。」と川上光正先生の言われていた言葉を母に伝えると、母も納得したのかうなずいていました。
 川上光正先生が先祖の遠隔ヒーリングの時に、「ご先祖様、ご苦労様です。」と言いながら、ソウルヒーリングをしてくださったのを見て思いました。私たちのご先祖様は命を削りながら、子どもやその子孫たちに衣食住を与え守り育て、その子供たちの命を繋げていった、その一つ一つの結果として今の私たちが存在している。それを感じる時、ご先祖様にご苦労様と思える気持ちになっていきます。川上光正先生が癒してくださる姿を通して、私は連綿と続く先祖からの命の本質、そして魂の本質を理解できたような気がしました。
 お盆には、「ご先祖様、私たち子孫も頑張っていますので、ご安心ください。そして、本当にご苦労様でした。有難うございます。」と、ご先祖様に家族みんなで伝えに行こうと思っています。
 川上光正先生、これからも何卒ご指導、ご鞭撻のほど、宜しくお願い致します。

                                      太 田 弘        
                                     2012年8月11日


MP900442743[1]

癒しの光ちゃん川上光正 記

夏場は霊症の季節!? 

暑さが厳しくなるにつれ、霊的症状に陥り、スピリチュアル・ヒーリングに訪れるクライアントが多くなりました。夏場は霊(スピリット)の活動が盛んになる時季です。
暑いせいか夜ふかしをしたり、寝苦しくて睡眠不足になると食欲が落ちたり、
気力や体力も消耗します。
そのような状態が続くと霊(スピリット)に憑依されたり、侵入されやすいのです。
邪気や暑気を吹き飛ばすため、軽くヨガやストレッチを行う方法もあります。
夏場の暑い一日に怪談話や幽霊屋敷での見せ物を観るのも邪気を払うためにも
良いかもしれません。

近年は、幽霊や妖怪に関する催し物や映画・テレビ番組が人気です。
先月、7月4日~10日まで、博多大丸で「ゲゲゲの鬼太郎と妖怪たち 水木しげるの版画展」が開催されていましたので、観に行ってきました。

水木しげる


福岡市博物館でも「幽霊・妖怪画大会集」の特別展が9月2日まで開催されています。
その他、8月11日は佐賀市文化会館で人間国宝の講談師・一龍斎貞水さんが
「立体怪談 四谷怪談」を。
沖縄・那覇市の沖縄県立博物館・美術館では「お化け屋敷で科学する!in沖縄」を
9月17日まで開催しています。
他には「芸術新潮」8月号に特集“美女と幽霊”で日本画の美女幽霊たちが
顔をそろえています。

新潮
▲表紙を飾っているのは「芸術新潮」のために描きおろされた最新作≪鳥眼≫の幽霊画。
「鳥眼」展 8月17日~25日まで開催 成山画廊(東京都千代田区)



福岡市博物館「幽霊・妖怪画大会集」概要
「幽霊・妖怪画大会集」公式ホームページ

佐賀市文化会館 イベント情報 「四谷怪談」

沖縄県立博物館・美術館「お化け屋敷で科学する!in沖縄」


このように妖怪や幽霊がクローズアップされる背景について
妖怪博士の異名をもつ国際日本文化センターの
小松和彦所長は、「政治経済など社会情勢に対する不安が高まっているからではないか」
とコメントしています。
これまでも社会が不安定になるたびに妖怪ブームが起きたと言い、
「幽霊や妖怪が再び注目されるのは人間に何らかの警告をしているのかもしれませんね」―とも。

いづれにしても夜更かしが続いたり、体力気力に欠ける人や、不安、心配性の方は、
霊(スピリット)に憑依・侵入されやすいのでご注意ください。
霊(スピリット)に憑依・侵入されないためには体と心を鍛えることです。
それには疲れを取り気力と体力が同時に鍛えられるスローヨガが良いでしょう。
万一、霊に憑依されたらご相談ください。早めに癒した方が重症にならずにすみますよ!

image.jpg

癒しの光ちゃん川上光正 記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。