FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先祖供養と竣工式! 

5月27日(月)の午前中に柳川まで依頼を受け先祖供養に行ってきました。
大橋家の自宅・庭・池・お地蔵さん、そして納骨堂の供養と癒しを行いました。

MX-C312_20130529_190035_001 (2)


大橋家の長男で一美さん(78才)のお母様キクノさん(98才)はとても元気でした。
昨年、左脚を骨折し、手術のとき金属を入れたそうです。
それが少し痛いと言っていましたが、左脚をヒーリングすると軽くなったと足踏みして喜んでいました。

MX-C312_20130529_190035_001.jpg



午後は知人 西原健太さんからご招待を頂き、株式会社 西原糸店の竣工式に出席しました。

MX-C312_20130529_190035_001 (3)

3階建ての立派な新社屋が完成!
多くの方々が出席されていました。
創業96年の老舗「西原糸店」は3回も水害や火災に遭いながら、のれんを守ってきたようです。
その根性・信念に心を打たれた竣工式でした。

MX-C312_20130529_190035_001 (4)


昨日、夜から長崎へ供養の出張に出かけました。
夜は依頼者の病院の遠隔ヒーリングを行い、早朝は車で30分の所にあるお墓の跡地をヒーリングしてきました。先祖の皆様の気持ちが伝わったのか朝から空腹感を覚えていました。
はやり、飢餓で亡くなった先祖の子供や婦女、老人の方々の魂が供養物を求めてやって来ていたようです。
感謝の言葉を述べられて昇天していきました。
雨にも遭わずスムーズな癒しの旅でした。


癒しの光っちゃん 川上 光正 記


スポンサーサイト

三浦雄一郎氏がエベレスト最高齢で登頂に成功! 

trd13052312280011-p1.jpg

trd13052312280011-p4.jpg

(上)80歳で3度目のエベレストの頂上に立つ三浦雄一郎さん=5月23日9時、ネパール・プモリ・キャンプ1から(早坂洋祐撮影)・(下)難所のアイスフォールを登る三浦さん
□産経ニュースより http://sankei.jp.msn.com/life/news/130523/trd13052312280011-n1.htm


冒険家・登山家の三浦雄一郎氏が5月23日、エベレストの登頂に成功したと報道されました。
80歳の高齢での記録は、世界最高齢の記録を更新したのです。
おめでとうございます。

私も8年前に三浦氏と対談しましたがその時、両脚の下股に重さ3kgの鉄の重りをつけてこられていました。
この快挙はやはり三浦氏が日頃から体を鍛えていたことによるものでしょう。
それと運ですね。氏と話していると強い魂のエネルギーを感じました。
三浦氏は日頃から「夢は追うものではなく実現するもの」との信念を持っていました。

川上光正氏と三浦雄一郎氏 (2)


【三浦氏のコメント】
頂上に赴くとは思わなかったが80歳でも人生まだまだいける。これ以上の幸せはない。
頑張って頑張ってたどり着きました。どうしても生きて帰りたかった。
ヒマラヤの素晴らしい景色が眼下に見えて世界最高の気分です。

普通の凡人ではない人は魂の強さ、輝きが違うようです。
改めて三度目、最高齢でのエベレスト登頂の成功、心より祝福いたします。


川上光正氏と三浦雄一郎氏 (3)
川上光正氏と三浦雄一郎氏 (1)


癒しの光っちゃん 川上 光正 記

潜在意識は家族関係にも影響する 

MP900442459[2]

会社員のH・W君(40才)は、今朝(2013年5月18日)、奥さんと口論し頭がモヤモヤしていました。
午後3時より私の潜在心理療法・ソウルヒーリングの指導を受けると奥さんとの口論の要因となっている母親に対する潜在意識・抑圧感情を自動書記で書き綴りました。


「やる気をなくした。先に先になんでも決められてしまう。
ぼくの気持ちなんて考えない。待ってくれない!
決めつけられるのがイヤだ。やる前からなんでできないってきめられてイヤになる。
そんなことないのに…。もうほっといて、考えさせてよ。
自分で考えさせて、失敗しても責めないで…。
母の言うこと、何も聞きたくない。
母の行動ばかり考えて、今度こそ今度こそと思って疲れてしまう。
人から何か言われるのがイヤでイヤでしかたがなくて、いつも一人でいて人をさけてた。何か言われるんじゃないかと思って…。注意されるのがイヤだった。」


MP900422793[1]


(誰が言うの?)
「お母さん。いつも心配ばかりする。不安になる!」
(ここでヒーラーが抑圧感情を解放するために声を出して母親に
文句をいってみなさいと伝える。母親に対する感情を思いっきり発散させる!)

「ほっといて、もう自由にさせてよー。ほっといてよ!もう、うるさい。」
と小さい声で訴えていた。中々、口頭では言えないので喉をヒーリングし、
ヒーラーの私が彼を応援しながら言葉をかけると、
 
「できない、できないばっかり言うな!話を全部聞いてくれ!」
と強い口調で声を発した。
「やっと言えた、ずっとずっと言えなかったから、すっきりした。」と明るい声を出していた。

さらにヒーリングを進めていくと今度は前世意識が表出し自動書記で次のように綴った。
「怒りで人を抑圧していた人たちがたくさんいます。」
「自由を奪って、細かいことをうるさく言って管理しようとしてたくさんの人の自由を奪い苦しめました。私のお腹の中にたくさん侵入しています。」
 と。

結局、H・W君は前世で多くの人々に抑圧的言動を繰り返していた結果、
苦しんで死んでいった人々の傷ついた魂・霊性意識が腹部に侵入していたのでした。
まさに因果応報で、その結果は母親からの抑圧を受ける前世の因果の報いも受けていたのです。腹部の霊性意識も癒し解放しました。


H・W君の感想
母や妻が子どもに対するしつけや接し方で潜在意識が刺激されて、妻と今朝口論になってしまいました。子どもとの関わり方で自分の潜在意識と重なってイライラしてしまう事があり、度々悩んでいましたが、今回ヒーリングの中で母に対して怒りをたくさんぶつけられた事で心が軽くなった気がします。
自らも前世で沢山の人の自由を奪い抑圧してきた意識も癒していただきましたが、
その根本の意識は自分を中心にした考え方(我欲)から、自分の都合にあわせるために人を抑圧し、管理し自由を奪ってきたのだと感じました。
こうした自らの根深い因果を早く癒すことが今世の使命のように思いました。



癒しの光っちゃん  川上 光正 記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。