スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先祖供養や憑依・不調の相談! 

梅雨明けより暑さが続くこの季節。
最近はお盆を前に先祖供養を真剣に考える方、霊的不調に悩まされる方の心身の不調による相談があとをたちません。

Aさんは親子で来所され、お供え物(気持ちを込めて作ったお弁当)を手に先祖供養・ヒーリングをしました。
実はAさん、人生も晩年に近づき兄弟間で「お位牌をどうするか!?」
問題になったといいます。
長男であるAさんにお位牌をお願いしたいと兄弟から頼まれたそうで、お位牌の供養も合わせて行いました。

Bさんは水子のことがずっと気になっていたと水子のお位牌を手に供養に訪れました。4人の水子供養を行うことができて、やっと安心したようです。

子孫が手を合わせることで、水子の魂もご先祖様の魂も安心して昇天していきました。


また暑さにうなだれるこの時期は、「除霊をして欲しい」との霊的不調を訴える方も多く見受けられます。

016485.jpg
先日も県外より除霊・ヒーリングを受けに来たCさん。
動物の意識(キツネの霊)に取り憑かれ苦しさを訴える彼は、一見スポーツマンに見えましたが、自分の顕在意識ではどうすることもできない動物霊の意識の影響で“幻聴”に悩まされていました。
ヒーリング後は楽になったと喜んでいましたが、カウンセリングしてみると幼い頃に両親の離婚を経験しており、その時の淋しさや不安感とともに侵入した動物性意識の影響もあると感じました。


yurei.jpg

また、やる気がでずこの先の生き方に不安を感じて相談に来たDさん。
探査ヒーリングで自殺者や子どもの意識・霊に侵入されていることが判明。
ヒーリングを受けると、とても痛く感じる箇所があったと話し、そこに意識・霊が多く憑依していました。

7月8月9月は霊が集まる時期なので、夜ふかしや冷房、冷たい食べ物などに気を付け、体調管理には十分ご注意ください。


癒しの光っちゃん 川上光正 記


スポンサーサイト

中元に先祖の癒し・供養のため長崎へ 

長崎

7月15日は中元といって先祖に供物を献上し感謝、礼を示す日です。
1月15日が上元、10月15日が下元で、この日も先祖供養の日でもあります。
お中元は他者を介して、その人の先祖に供物を献上することのようです。

さて7月9日の夜から10日にかけてクライアントの要請で長崎市まで先祖の癒し・供養に行ってきました。
長崎市は坂の町ですが400年の歴史があり、クライアントの菩提寺がある最上段の墓地までは100段近く登っての供養でした。
当日は晴れで「長崎は今日も晴れだった~♪」ですよ!


癒しの光っちゃん 川上光正 記



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。