スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長所伸張法が人材を育てる2 

20170815川上先生ブログ


 のちに、ある大企業の
社長になった人物は若いころ、

性格的にクセのある、
短気な人間だったので、

仕事熱心のあまり、
よく上司や同僚と衝突した。

自分で嫌気がさし、
先輩に相談したところ、

その先輩は
「君はこんぺい糖なんだよ」といった。


 「こんぺい糖には
イボイボのカドがあるように、
君にもカド、つまり欠点がある。

君はこのカドに嫌気がさし、
削ろうとしている。

そうすれば、まわりと
うまくいくんじゃないかと思って。
そうだろう」

「そうです」

「けれど、君が今、
そのカドをとったら、
『丸く』はなるだろうが、

その丸は小さな丸になってしまう。

それでは君という人間は
大きく伸びないだろう。

今はむしろ、欠点を直すことより、
長所を伸ばすことを考えるべきだ。

年を取れば、欠点は自然に直っていく。
そのとき長所が伸びていれば、
同じ丸でも、もっと大きな丸に
なっているはずだ」


 部下の育成法は、
このように長期的視点に立った
長所伸張法で行うのが
原則的には正しい。

多少のミスや欠点には目をつぶって、
長所を大きく伸ばしてやる
接し方が大切だ。

それは叱るよりほめる教育法、
厳しさで接するより温かさで
接することを第一義とする
人材育成法でもある。


 宮本武蔵は世に聞こえた
剣豪だったが、浪人生活が長く、
仕官するチャンスが少なかった。

なぜか。

 己の腕の修業、己の研磨にのみ
心をくだき、剣の上では、
他人を省みたり、人に温かく
接することが少なかった。

剣豪としては完全だったが、
指導者の面はあまり持って
いなかったのである。

 いうまでもなく、リーダーとは
指導者である。

仕事が出来、有能で
あるだけではよくない。
人を使い、人を育てられなくては
リーダーとしては務まらない。

つまり、自ら剣豪になるのではなく、
剣豪を育て、使いこなす
立場なのである。

 その育成法のポイントは、
人に温かい愛情で接し、
長所を伸ばしていく点にある。


(拙著:『リーダーの精神哲学』 1997年発刊 より)



スポンサーサイト

長所伸張法が人材を育てる 

20170801川上先生ブログ


 別の項でも述べたように、
幼少時の私は〝目白カゴ〟
づくりに熱中したことがあった。

熱中という生やさしいものでは
なかったかもしれない。

それこそ寝食も忘れて、
異常なまでに集中し、執着した。

当然、学校の勉強はそっちのけであった。
だが、私の母親は小言めいたことは
いっさい言わなかった。

 「そんなことをしていないで、勉強しなさい」
 そういうことは一言も口にしなかった。

それどころか、
 「おまえは根気がある」「ようあきもせず」
 とほめてくれ、励ましてくれさえした。

まことに母親とはありがたい存在である。
その愛情は掛け替えがない。

そのような母に育てられたことに
私は感謝しているし、誇りに思ってもいる。


 もし、あのとき母から
「目白カゴなどやめなさい」と
一方的に禁止されていたら、
どうなっていたか。

私は人並みはずれた集中力と根気を持つ
人間になれなかったかもしれないし、
であれば、ヨガの奥義をきわめることもできなかった。
現在のような形での私はありえなかったであろう。


 このことは、教育とは、部下の人材育成法とは、
欠点の矯正であってはいけない、
長所の伸張であるべきだということにも通じる。

 アメリカの子どもの教育法は、
子どもの個性や長所に着目し、

多少の欠点には目をつぶっても
長所を伸ばそうとする。

それに対して、日本では、
子どもの欠点や劣っている部分を直して、
全体に平均的な子どもを育てようとする
傾向があると言っている。

日本の教育が画一的であることは
以前から指摘されるところである。

 日本の教育法、
すなわち欠点矯正型の教育法の
すべてが悪いわけではないが、

人を育てようとするなら、やはり、
アメリカ式の長所伸張法で
接するほうがいい場合もある。

遊びに熱中していたら、
その無意味さを指摘してやめさせるより、

その根気のよさを認めたほうが、
人は育つのである。(次回へつづく)


(拙著:『リーダーの精神哲学』 1997年発刊 より)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。