スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳と富を兼備した松下幸之助氏のカルマ2 



 一九二九年(昭和四年)世界的な
経済大恐慌のとき、
その影響は日本にも波及し、
松下電器の経営も悪化し
厳しい状況にあった。

経営幹部は、従業員の
レイオフしかないと考えていた。

だがその時、松下幸之助氏は

「今すぐ製造を半分に減産せよ。
ただし、一人も解雇してはならぬ。
生産の削減は解雇ではなく、
半日勤務で行なう。

給料は今と同じ額を支払う。
ただし、休日は返上して
全ての従業員が最善を尽くして
在庫の製品を売り切るように」

と、厳命している。

さらに戦後、GHQから
公職追放の憂き目にあい、
経営的にも個人的にも
行き詰まっていた。

そのどん底にあったときにも

「繁栄と健康を通じての平和」
をテーマにPHP運動を
スタートさせている。

順風の時ではない。
逆風の時期に本気で
社会に尽す道、

つまり利他の道を探っているのは、
やはり非凡と言わざるを得ない。

氏のカルマが良質であり、
また、よいカルマを積んだことの
何よりの証である。

 昭和四十年代半ば、公害、
インフレが台頭したときも、

 「警察や病院などの
公共サービスをのぞき、

日本の官庁、企業が一年間
〝休戦〟すれば海も大気も
きれいになる。

企業も国民も税金を
収めずにすむ」

 そう言い放って、
周囲の度胆を抜いている。

また、ある禅僧と対談した折、
 「もっとも理想的な会社とは
会社そのものがなくなることだ」

 という僧の言葉に、
 「そうだ。その通りです」
 と賛意を示している。

会社でない会社が理想とは、
企業というものは利潤追求を
目的としてスタートしながら、

最終目的は利潤から離れる
のが理想である、
という意味であろう。

ここにも「利他」の心が
濃厚である。

 また、よい製品を安く、
水道の水のように多くの人に
あまねく行き渡らせる、

という有名な〝水道哲学〟も
(今となっては物質万能主義の
においがするが)、

当時の、日本人がまだまだ
貧しかった時代にあっては、

どこか使命感に満ちて、
経営活動というよりは、

篤志家に近い博愛の精神の
ようなものを感じる。

 「何をつくっている会社ですか、
と聞かれたら、
人をつくっている会社です
と答えよ」

と言った松下氏は、

常に人に尽くし、
社会生活の改善に尽くし、
社会の発展に寄与しようと
考えていたに違いない。

それが企業の最終目的であり、
経営者の使命だ、とも。

 この、不変の「利他」の精神が
松下氏の経営に
「正義」を与えていた。

そのために、私の知る限りでも、
氏のカルマは非常に良質であり、
魂も研磨され、

超潜在意識にかげりがない。

松下氏は誰しも認める
徳と富を兼ね備えた
リーダーであり経営者であった。

(拙著:『リーダーの精神哲学』 1997年発刊 より)

スポンサーサイト

徳と富を兼備した松下幸之助氏のカルマ 





 今、「故松下氏の経営哲学が
二十一世紀の経営者にとって
確かな教訓になる」と、

ハーバード大学、ビジネススクールの
教授であるジョン・P・コッター氏も
注目している。

それは「松下幸之助の生き方」
にあると、コッター氏の論文で
述べられている。

 経営の神様とも言われ、
高い評価を受けていた松下幸之助氏が
亡くなったのは平成元年。
九十四才という長命であった。

 その途端というわけでもないが、
この創業者の死後、松下電器の
製品に事故や不良品が出たことがある。

 松下氏の徳、氏の超潜在意識に
積まれていた「良質」のカルマ
(業=Karman)

それらが松下電器に与えていた
影響力が一時的にせよ薄れた結果、
と言えなくもない。

 経営者の過去や前世の行いが、
企業活動に少なからぬ影響を与える

――それがよいものにせよ
悪いものにせよ、
起こり得ることである。

松下氏の場合、私の知りうる限りで、
氏の生育史や事業史に見られる
カルマは非常に良質なものであり、

それを一言で表わすなら
「利他の心」
とでもいうべきものである。

 利他、他者を利する経営。
むろん、事業家である限り、
「自分と自分の会社も儲ける」が、

それ以上に客や第三者も富ませ、
豊かにしよう。

そういう「魂」の思いが、
氏にあったと言える。

たとえば、氏は明治二十七年
十一月の生まれ。

近代産業文明の黎明期に幼年、
青年時代を過ごしている。

彼が充分な教育を受けないままで
丁稚奉公に出されたことは有名だが、

自転車屋に奉公中、
市街電車の走っているのを見て、
ひらめき、電気の仕事をしたいと
決意している。

 「(電車が)大勢の客を乗せて、
生き物のように走っている。
これからは電気の時代だ」

すぐれた事業家の先見力という以上に、
青年の彼が、大勢の人が喜び、
たくさんの人の便宜に供したい、

つまり、他者を利したいと直観している
ことが重要である。

このとき氏は、
「事業の繁栄とは、他を利する
ことによって自分も栄えること」

という要諦をほとんどじかに
つかんでしまったと思える。
(次回へつづく)

(拙著:『リーダーの精神哲学』 1997年発刊 より)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。