スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神哲学に貫かれた「悠久」の経営2 

july-pass-3042793_1920.jpg


しかし、平成九年七月、
出光興産は、氏が掲げた
終身雇用制度の堅持を見直し、
契約社員制度を検討、二年後には
実施するとの方針を打ち出した。

出光氏が没して経営者が替わり、
氏の善意のカルマも希薄になってきたようだ。

何度か引き合いに出すが、
アメリカの鉄鋼王A・カーネギー。

彼もまたきわめて貧しい
スコットランドの家に生まれたが、
母親の無私の愛情に恵まれて育った。

母親は毎日十六時間から
十八時間も働きながら、
カーネギーの一枚しかないシャツに
毎晩アイロンをかけるのを
忘れないような女性であった。

カーネギーもこの母を熱愛して、
二十二才のときに、
「お母さんがいる限り、
ぼくは結婚しません」と宣言し、

その通り、母の死後、五十二歳に
なるまで独身で通したといわれる。

彼は「自分の頭は母親ゆずりだ、
この成功の原動力も母を思う
気持ちがあればこそだ」といつも明言していた。

つまり、母親との双方向の
強い愛情が彼の善的なカルマを形成し、
それがカーネギーの大成功の要因の一つとなったのだ。

公共図書館へ六千万ドル、
教育制度改善のために七千八百万ドル─

彼が一生の間に各方面へ寄付した金額は
計三億六千万ドルといわれる。

巨額の富をなぜ寄付するのかの問いには、
 「金を残して死ぬのは恥辱だからね」と答えていたという。

この私利を排した立派な行いは、
愛情豊かな母親との間に培われた
「善意のカルマ」に起因しているといえる。

このように、人の行為は必ず
過去にその要因を持ち、また、
現在の行いは未来の善悪の種となる。

善意のカルマはよい経営を可能にし、
よい経営は次の善意のカルマを再生産する。

そのためには、経営者は
精神哲学に目ざめ、愛ある、
魂ある経営を実践しなくてはならない。

『ウパニシャッド』は次のように説く。

『人はじつに意向からなる。
人がこの世においていかなる意向をもったとしても、

この世を去ったのちに、かれは
そのとおりに意向がかなう。
[それゆえに]人は意向を〔正しい方向一に定めるべきである〕と・・・・。

(『チャーンドー・ギヤ・ウパニシャッド』chand. Up. III. ,14, 1)

意向を精神哲学、
魂と言い替えてもよい。

そして、すぐれた魂=アートマンは、
『不生、常住、常恒、
悠久なるものであって、
身体が殺されつつあるときにも、殺されることがない』

(『カータカ・ウパニシャッド』二-一八)

 すぐれた経営哲学と精神哲学を
共有した経営者の会社もまた「悠久」である。

(拙著:『リーダーの精神哲学』 1997年発刊 より)

スポンサーサイト

精神哲学に貫かれた「悠久」の経営 




カルマ(業=Karman)とは、
人間の死後の運命を
決めるものは

生前の行為いかんによるという
因果律の思想である。

カルマのくわしい概念は、
ウパニシャッドの時代には
まだ完全には確立されて
いなかったが、

その定義はすでに
明示されている。

 『人は〔この世において〕
なしたとおりに、
その行なったとおりになる。

善をなす人は善となり、
悪をなす人は悪となる。

善業によって善い者となり、
悪業によって悪い者となる』

(『ブリハッドアーラニヤカ・
ウパニシャッド』Brhad. Up. IV,4,5)

その人の行なった行為は、
現世のみならず来世の
自分にも影響を与えていく。

そのカルマを運んでいくのは
魂=アートマンである。

私たちの魂は世代、
時代を越えて次々に
生まれ変わっていく。

死ねばすべて終りではなく、
魂の再生によって、
カルマも次世代へと
引き継がれていくのだ。


 「経営の魂」「経営哲学」も
この例外ではない。

れらは次世代へと引き継がれる。

よい経営をした経営者の会社は
次世代にも栄えようし、

自分と自分の会社さえ
儲ければそれでいいと
エゴむき出しの経営者と
その会社は、

必ずそれ相応の報いを
受けるのである。

経営は一代限りの
ものでないことを、
経営者は己の心に
銘記されたい。

儲け第一主義から脱し、
人間尊重と社会貢献を
視野に入れた経営を
成すものは、

次世代の経営も善業となり、
己と子孫の魂も向上
するのである。

松下幸之助氏や
本田宗一郎氏などと
同時代に生き、

ヤング・ライオンズと称された
企業家の一人に出光興産の
故出光佐三氏がいる。

出光氏は家業の没落から、
名門校を出ても丁稚奉公に
等しい商売に就かねばならない
苦労をなめた。

その間、人から軽んじられ、
裏切られる経験も何度かした。

だが彼は、
意地と信念を持って
出光興産を興し、

その経営哲学の
根本にすえたものは
「人間尊重」の理念であった。

具体的には、
首切りや定年制を行わない
とする経営方針である。

出光氏が
人間に裏切られながら、
人間尊重の経営を
とりえたのには、

彼を育てた母親の強い愛情、
卒業校の校長をしていた
恩師から「無私の愛」と
もいうべき教育を
受けたことなどが背景としてある。

これらの「愛」が
出光氏の潜在意識下に
「善意のカルマ」となって積まれ、

魂の陶冶と人格の向上を
促したわけである。

それが人間尊重という
「愛」の経営を可能にした
主要因なのである。
(次回へつづく)

(拙著:『リーダーの精神哲学』 1997年発刊 より)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。