FC2ブログ

引きこもり・不登校の原因究明と癒しのセラピー 

MP900422793[1]

引きこもりとは、多種多様な要因・原因によって就学や就労が困難で、学校や職場などで社会生活に参加できず、6ヶ月以上家庭に留まっている状態と言われています。
厚生労働省の見解では、不登校とは、疾病以外の理由で学校を年間30日以上休んでいることと定義されています。
このような不登校の児童・生徒数は、全国に約12万人以上いると言われています。

引きこもりは「人との関わりや会話に自信がなく勇気をもって話ができない」「他者(友だち)との遊びや会話で自分が傷ついたり、相手に嫌な思いをさせるのではないかと心配する」「学校でよくいじめられる」「会社での人間関係に疲れる」「家族とも話ができず自室にこもる」「夜、よく眠れない」「気持ちが沈んで元気がでない」などの症状を自覚している場合もあります。

当センターでは、引きこもりや不登校にはうつなどの“心の病”が隠れている場合もあることが判明しています。知能は普通以上ですが、魂が幼いために社会規範になじめず、情緒的な発達が遅れている面が伺えます。
さらに母親の胎内で苦しんだ胎児期の不安や緊張の記憶、そして乳幼児期、児童期に侵入した第三者の混濁意識による影響も、引きこもりや不登校と結びついています。

引きこもり・不登校は、一貫して潜在意識領域に記憶された心理的な抑圧感情・不安・不眠・無気力・イライラ・ストレスや愛情飢餓、さらには身体的な自覚症状を伴います。
例えば頭痛・腹痛・食欲不振などが顕著です。それらについては多くの研究者や両親によるサポートグループが存在し、活動を続けています。
しかし、引きこもりや不登校で職場や学校に通えないのは当本人です。
当センターでは本人の深層に存在するストレスや抑圧感情などの潜在記憶を解明し、分析することで引きこもりや不登校との心理的な因果関係・問題点を調査しています。
その調査、分析結果を基に個々の心理カウンセリング及び、メンタルセラピーやソウルヒーリングでの癒しを実施しています。

【事例】
母胎内から乳幼児期の傷つきが原因で引きこもり・不登校に 〔A君/15歳/中学生 

中学生の頃から時折、自室で引きこもり始め、中学2年の2学期より不登校になってしまいました。
高校受験を前に、心配した母親が当センターに相談に訪れました。
母親から彼の「生育歴」を尋ねていくと、涙ぐみながら次のように話してくれました。

「妊娠中につわりがひどく、一日何回も嘔吐し、妊娠中毒症で苦しんでいました。それで、この子(赤ちゃん)を中絶しようかと何回も考えていました。それでも何とか頑張って出産しましたが、未熟児で2週間、保育器に入っていました。退院後は、母乳を受け付けず市販のミルクを哺乳ビンで与えていました。その後、息子が2歳の時に妹が生まれ、下の子の世話で多忙を極め、息子の面倒をみられなくなっていました。その頃は1人でよく遊んでいましたが、幼稚園の入園から約1ヶ月後『僕、家にいる』と言って園に行かなくなりました。それから1ヶ月程後、園の先生が家に訪れ優しく話してくれ、翌日から通園するようになりました。その後はなんとか小学校から中学校へ進学しましたが、中学2年生の2学期から突然、自分の部屋に引きこもり学校に行かなくなったのです。」

 母親の話から次の潜在心理を簡単に分析すると、

(1)母胎内でのストレス
   中絶されるかもしれない不安・緊張・恐怖を感受し、心の傷・トラウマになっています。
(2)出生後に保育器での成育
   母親との2週間にわたる別離で、不安・緊張が潜在記憶として残存しています。
(3)2歳の時に妹が誕生
   多忙な母親が妹の世話に明け暮れている期間、寂しい思いを経験していました。


以上のような状況を分析すると、中絶を考えていた母親に対する不信・不安・緊張が存在し、その根本には愛情飢餓があり、引きこもり・不登校の大きな因果関係であることが分かります。
 現在、A君はその3つの問題点をクリアし、引きこもり・不登校が解消し元気に登校しています。


癒しの光っちゃん 川上光正 記



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kawakamiyoga.blog7.fc2.com/tb.php/166-6e9db35d