FC2ブログ

「うつ病」の原因 

MP900414099[1]

潜在心理研究による「うつ病」の原因と癒し

 「うつ病」になるきっかけは、几帳面で生真面目で完全主義者的な人が大きなストレスを抱えやすく、また長時間ストレスにさらされ続けていると「うつ病」になると研究チームが「スリープ」誌で指摘しているが、筆者の研究では幼い頃から両親の抑圧に対して自我を出せず、言いなりになっていた従順な性格の人や不安意識が強く、物事を悲観的に考える人はうつ状態の発生率が多い。

母胎内で不安・ストレスにさらされた人、さらに未熟児のため保育器に入ったり、両親との別離や離婚などで愛情飢餓を長期間体験した人なども「うつ病」になる場合がある。

「現代型うつ病」の特徴として自己中心的な人や他罰的、ストレス耐性が低い人、自分ではなく他人を責める人、会社や上司が悪い、親が悪いと周りを責める人たちは胎児期・乳幼児期・児童期に愛情飢餓や過保護の問題を抱えている場合が多い。
両親や周囲から抑圧を感じ、それに対し抑制状態が続くと魂の成長が遅れ幼い魂のまま身体だけが成長し対人関係でのストレスに弱くなり、攻撃的なそう状態やうつ状態に陥ってしまうこともある。

吉田幸枝さん(仮名・32才・会社員)は、3月11日に東北地方で起こった東日本大震災後のテレビ報道を観るたびに不安と心配のうつ的な感情が続いていました。
寝つきが悪く仕事も手につかず困ってチャネリングを受けると、500年前に水害に遭って水に流され苦しい思いをして死んだ前世があると自動書記で伝えられました。
その後も、その感情が解けないため前世療法を受けやっと解放され安心したと喜んでいました。


癒しの光っちゃん 川上光正




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kawakamiyoga.blog7.fc2.com/tb.php/172-356bb047