FC2ブログ

廉恥の心を忘れず雅望をめざす 

keyence.jpg



 ずいぶん前に話題になったことである。
 某有名製紙会社のトップは毎年のように高額納税者番付で上位を占める資産家。以前、まだバブル経済華やかなりし頃に、世界的に有名な名画を個人的に買い入れて、海外でもそのリッチマンぶりが評判になった。
 しかし一方で、この人が率いる製紙会社は二期連続で経常赤字を計上して、経営再建のてこ入れが急務の状態だった。そこで、この会社はほぼ百億円という莫大な再建資金を株式の第三者割当増資によって調達することになった。ところが、この新規発行の株式を当のこの人物が引き受けることになったのである。
 自分が会社を設立して大きくした。その会社を通じて自分も潤った。ところが自分が潤ったために会社がやせた。やせた会社を救うために自分の資産をはき出した――いわば、そういうなりゆきだが、滑稽な悲劇というか笑えない喜劇といおうか、因果はめぐるといおうか、自分の欲のつけを結局、自分で払った自業自得のケースである。
 一方、ある地方の住宅建設会社の社長は経営能力もさることながら、人間的魅力に満ちた、誰もが認める人格者で私欲がない。なにせライバル会社の人たちから、「あの人の会社こそ大きくなってほしい」と願われているほど。そのせいで、この会社は順調に成長しているという。
 会社を大きくしたいという気持ちを「公欲」と名付けるとすれば、前者は私欲を追及するあまり公欲をおざなりにし、後者は公欲に徹して私欲が消えた例といえる。
 業種とか経営規模は別にして、この二人に経営者の“人間性”というか姿勢の差は、はなはだ大きいといわねばならない。経営者である以前の、人間としての「品格」の差だろう。
P・F・ドラッカーは経営者が備えているべき人間性について、
「経営者がなさねばならない仕事は学ぶことである。しかし、経営者が学び得ないが、どうしても身につけていなければならない資質が一つある。それは天才的な才能ではなくて、実はその人の品性なのである」と、経営者に必要な人間的資質として品格をあげている。
 品格は何から醸し出されるか?無私と廉恥の心であろう。廉恥とは心が清らかで恥を知る心、利己的で反社会的な生き方を恥ずかしく思い、おのずとそれを戒める心である。廉恥の心を失えば、公欲よりも私欲を優先させて平然としていられる破廉恥漢に堕してしまう。
 しかし、現代の日本、政治家から財界人まで、いかに恥を知らない、したがって品性のかけらもない人々が多いことか。人間だから時にはあやまちを犯すこともある。だが、あやまちを犯して、ああ、自分は悪いことをした、強く戒めなければと自省する心がきわめて希薄である。そこに、日本の社会の病巣の深さ以上に個人が持っている因果律としての業・カルマがあるからではないか。
 長い間、政財界の要因の精神的バックボーンとなってきた故・安岡正篤氏がこう言っている。
「経営者は欲望の満ちる社会を生き抜きながら、とどのつまりは雅望に生きることです」
 雅望とは雅欲、つまり、私欲や公欲のさらに上に位置する高度な欲望のことだろう。私や会社という枠を越え、社会や地球への還元、貢献へと向かう正しい「欲望」のことだ。
 その雅望を志向したときに初めて人に品格が備わるのである。


(拙著:『リーダーの精神哲学』1997年発刊より)

癒しの光っちゃん 川上光正 記


川上光正オフィシャルサイト
http://kawakami-yoga.com/





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kawakamiyoga.blog7.fc2.com/tb.php/385-4d69351f