FC2ブログ

胎内意識から宇宙意識へ 

MP900410104[1]

最近、体の痛みやこりがあった近藤幸子さん(仮名/会社員/39才)は、手に汗をかくようになり目も疲れていました。
そんな状況の中で先日、筆者のソウルヒーリング・セッション中に母胎内での感情と宇宙での意識が表出しました。

「目がいたい。疲れている。みんな疲れている。
暑いからねむれない、お母さん疲れている」
「あかちゃん暑いの?」筆者が尋ねると「わたしは暑くない」と答える。
「お母さんは冷たい麦茶ばっかりのんでいる。
目がいたい ショボショボする
お母さんはでんわでお母さん(祖母)と話している。いつも話している。お父さんのことを。」
「むくちな父さん、お酒をのんだらよくしゃべる」

「目がいたい。宇宙の爆発で何かがとんできた。
まぶしくて目がやけてしみる。まぶしい。
そのあとまた大きいものが飛んできて死んでしまった。
体がバラバラになったので、もうもとにはもどれなかった。」

この状態、状況ではたぶん小宇宙である胎内意識から太古の大宇宙で起きた宇宙の
大爆発・ビックバーンに遭遇したのでしょう。
その時の閃光と爆風によって隕石が飛んできてその星にいた生命体が破壊され、
魂となり幾度も輪転して今の近藤幸子さんの魂として生まれ変わってきたようです。

そして今、さらにこの宇宙は再び加速膨張を続けています。遠い遠い、いつの日か再び宇宙にビックバーンが起こる可能性があることを宇宙物理学者が示唆しています。

銀河

〔写真出典:NHKサイエンススペシャル 銀河宇宙オデッセイ より〕

癒しの光ちゃん川上光正 記

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kawakamiyoga.blog7.fc2.com/tb.php/70-3732f37f